【上海愛琴海購物公園】超巨大ショッピングモールなのか徹底検証!!

上海さんぽ

近年様々なテーマで建てられている巨大ショッピングモール。

超巨大ショッピングモールランキングがあるとしたらトップ入り間違いない

上海愛琴海購物公園

非常に広くてひたすら歩く!歩く!歩く!まさにごんたさんぽにふさわしいですね。

スポンサーリンク

上海愛琴海購物公園とは?

愛琴海購物公園(Aegean Sea Shopping Park)
愛琴海(エーゲ海という意味で豪華客船をイメージしているようです) は文化体験商業施設として2017年12月16日にオープン。

アート、ショッピング、ダイニング、エンターテーメント、レジャーを融合したライフスタイルショッピングモールです。

2つの建物(地上8階と地上3階)がつながって一つのショッピングセンターとなっています。

総面積は55万平方メートルで24万平方メートルのショッピングモール

10万平方メートルのユニバーサルホーム

9万5千平方メートル多目的スペース

5万平方メートルの公園で構成されています。

駐車場も1950台の駐車スペースが利用可能です。

 フロアー

地下1階:スーパーマーケット、生活雑貨、駐車場

地下2、3階:駐車場

1階:化粧品、香水、宝石装飾品とカフェ

2階:子供教育施設、ファッション・雑貨(女性)、アクセサリー、デザート

3階:娯楽施設、子供教育施設

4階:カジュアルメンズスポーツファッション

5階:ダイニング

6階:人気レストラン街

7階:スノーワールドスペース、新華書店、映画館

8階:美術館

屋上:空中オーガニックファーム、国際馬術クラブ

スポンサーリンク

愛琴海購物公園をごんたさんぽ開始!

正面広場について建物を概観しただけでも、とにかくでかい!広い!です。

上記の概観写真だけでも大きさが分かるかもしれませんが、一層大きさを伝えたいので、言葉で例えてみます。

総面積は55万平方メートルは

東京ディズニーシー(490,000万㎡)+阪神甲子園球場(54,203㎡)

=554,203㎡

どうですか?どれだけ広大なのか分かりますか?

さらに 売り場面積は24万平方メートルなので

ルーブル美術館(210,000㎡)+ あべのハルカスの敷地面積(28,700㎡)

=238,700㎡

売り場をすべて徒歩で見て回るだけで相当の時間が必要ですね!個人的にはすべての店を概観だけで流して見るだけでも1日必要だと感じました。

スポンサーリンク

スノーワールド 7階

まず最初に向かったのがスノーワールド(冰雪乐园)

屋内型の雪のテーマパークで1500㎡が雪で遊べるスペースです。スキーやスノーボードを楽しめるようです。

入場チケットの値段は

  • 一人:週中(月~金)一人120元、週末180元
  • 家族連れ(大人2人子ども1人):週中270元から週末360元

人工的に雪を作って雪で遊ぶスペースはこどもがシャベルやスコップを使って楽しそうでした。

上海は雪が積もって遊ぶことができないのでこどもの教育としても良い施設ではないでしょうか。

スポンサーリンク

新華書店(光の空間)7階

国際的に有名な建築士である安藤忠雄氏が設計した書店です。

光空間の書店と呼ばれるのは、優しい木のぬくもりある高低差のある本棚から光が差し込み光の空間を生み出すようです。

本棚が天井まであり光を使い本棚の上段まで誘導されて天井には宇宙が映し出されています。

地上から徐々に宇宙である深層に引き込まれて読書に集中し易い空間をイメージしているのかな?という感想です。

約1600㎡の書店スペースではもちろん中国語での本が陳列されていますが一部日本語での本もありました。

ほぼ全ての本が読み放題であらゆるジャンルの本は網羅されているのではないかと感じさせる数の本があり、

もし希望の本が探せないときには本棚の横に埋め込まれている検索機もあるので探し出せるのではと思います。

散歩した日は週末なので子どもさん連れの家族などで読書スペースは賑わっていたので静かな環境ではありませんが、週中は日本の図書館のように静かですので、中国語の読書がお好きな方は書店の中にコーヒーも売られていますのでお勧めですね。

空中オーガニックファーム 屋上

屋上に向かうと

農業体験施設でしょうか?らしきスペースがあり家族連れで賑わっています。

写真の向かって右側の建物では草花を種から育てる体験講習が有料で行われていました。草花を種を植え育てて採取し、採取したものをつかって押し花や液を抽出したりして自然と楽しむコースがありました。

大都会では自然と触れ合う機会がとても少ないので家族連れで楽しめる講習は良いですね。

 

 国際馬術クラブ

屋上で馬術なの!と思いましたが馬を鑑賞したり、実際に触れあったり、乗馬をならったりするコンセプトがあるようですね。

たしかにこの撮影時にもガラス越しに馬を撮影したり、触ったりして楽しそうでしたよ。

ちなみに値段は?

項目時間帯値段体験内容
馬とのふれあい

午前10-12

午後14-17

   28元(500円)馬に触ったり、写真撮影
乗馬週末の上記の時間帯  128元(2000円)

室内5周、年齢制限3-12歳まで

馬術体験週中、週末の上記の時間帯週中168元(2800円)週末268元(4500円)教師1生徒1の授業、15分間の授業

まとめ

  • 愛琴海購物公園は間違いなく超巨大ショッピング(テーマ)モールです。
  • お子さんと週末様々な体験をするには適しています。
  • ものすごく広大なので一回で全て回ろうとすると疲れ果ててしまいます。
  • 中国語の本を読むのが好きな方は集中できるスペースがあります。
  • さんぽしてストレス発散&運動にはいいです。
【噴水ショー】水と光の共演は迫力満点!!-water and light fountain show

コメント

タイトルとURLをコピーしました