【田子坊】2018-19年はどんなお店が流行するの?調査さんぽしてみた件

上海さんぽ

上海に遊びに来たらまずは「ここは抑えておこう」と言う具合に超有名な観光地である田子坊。最近ではお店の様子も変化があり新旧のお店が入り混じった観光ショッピングエリアになっているようです。

おもしろいお店があるよ!との情報をキャッチしたのでさんぽしてみました。

スポンサーリンク

田子坊とは?

日本のガイドブックではたごぼうと呼んでいることが多いようですが、中国語では田子坊(拼音 tian zi fang)地元の人は泰康路(タイカンルー)と呼んでいます。さんぽするときは地図アプリにこの地名で検索すると田子坊が出てきますし、タクシーのおっちゃんにタイカンルーと言えば通じるでしょう

迷路のような路地にありとあらゆるジャンルのお店をぎゅっと凝縮したようなエリアです。

もともとこの場所はフランスの租界があり、住宅街でしたが自然発生的に店が増え徐々に洗練されたスポットに変化していきました。

住宅街の路地に画家・彫刻家がアトリエを開き、そこに訪れる客相手に外国料理、雑貨屋、レストラン、バーなどが増えていった。現在でも店舗に隣接して住宅が混在しているので生活必需品のお店とアートやお洒落なお店がありなんとも異国情緒あふれるごちゃ混ぜの面白い場所です。

スポンサーリンク

ごんたさんぽ開始!

さんぽした日は平日の昼下がりでしたが観光客の数がすごいですよね!

注目したいのは写真の上部にあるモニターです。

田子坊に今1986人いるんです。このエリアに5000人の人数制限があり16587人が訪問していました。

アジア系、ヨーロッパ系、アフリカ系の方々や日本人も多く訪れていてあちらこちらで日本語が聞かれました。

スポンサーリンク

お土産

野菜チップス

バナナ、にんじん、もも、オクラ、りんご、胡麻、ししとうなど様々な野菜や果物をチップスにして売っています。無添加を売りにしているので地元の女子達に人気なようです。

欢迎试吃と記入されたプレートがあるように味見が可能です。ドライチップスですが素材をそのままドライにしたという硬い食感はなく、ポテトチップスのようにライトな噛み心地であり味も薄めですので野菜や果物を多く摂取したい身体に気遣っている方(私のような中年のおっさん)にはちょうど良いのではないでしょうか。

Feiyue(飛躍)のシューズ

上海発のブランドスニーカーの「Feiyue(飛躍)」

欧米旅行者に人気で上海のお土産といえばこのシューズです。

上海の地元でもじわじわと流行つつありますね。

Feiyue(飛躍)とは元々はゴム会社で会社設立当初からシンプルなデザインやロゴ、軽い材質などの靴を生産していました。中国国内で商標登録をしていなかった為に偽者が市場に出回りブランド力が落ちていった時期にフランスのデザイナーによってヨーロッパ市場でブランド力が回復し人気のシューズブランドになり中国に帰ってきたブランドです。

どこにでもある一般の運動靴というイメージでしたが、映画や俳優とのコラボで『お金持ちが履く洗練されたお洒落シューズ』に変化しているようです。

履き心地:布製ですぐに足に馴染みます。元々は運動靴なので普段のスポーツや、もちろん散歩にも使えますし、シンプルなお洒落靴なので出張先や旅先でも使えます。

ソールには天然ゴム50パーセント以上使用されているので、グリップ力やクッション性も優れています。

特に注目したいのが値段ですよね!

通常モデルで119元(1900円ぐらい)です。日本では聞いたことがないブランドなので中国の靴!といえば「安いけど大丈夫」と品質を疑ってしまう値段ですよね。でもこれだけ安くて可愛いデザインなら使い捨てと考えて購入というのも一考ですよね。

日本でも購入できますが3000円以上しますのでお土産としても喜ばれるはず。希望としてはヨーロッパのデザイナーが監修した上海生まれのシューズなのでこれから徐々に浸透していくことを期待しますね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 田子坊にはブランドなどの旗艦店がありこの店を調査するとこれからの流行が読める
  • 食べ物は野菜チップス、シューズはFeiyue(飛躍)が流行るかも!?

*個人的な予想ですので参考程度に考えて下さい

アクセス

住所:上海市泰康路210弄2号

地下鉄9号線打浦橋駅から徒歩5分ぐらい。1号出口から出て右に進むと田子坊の入口があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました