海外旅行でパスポートを紛失してしまった!対処と予防方法

旅さんぽの準備

『海外旅行中にパスポートを紛失してしまったああー』

無くさないように保管してきたつもりが旅の高揚感もあってどこかに??ということはありませんか?

海外旅行で自分が日本人であることの身分証明となるのがパスポートです。もしパスポートを紛失してしまったらホテルに泊まることもほとんど何もできません。

なにより重要なのが ”帰国できない”のです。

海外旅行中では命の次に重要なものがパスポートです。

そこで今回は海外旅行でパスポートを紛失してしまった!対処と予防方法をご紹介します。

スポンサーリンク

パスポートを紛失した後の対処!

① 日本大使館へ

まずは現地の日本大使館へ行きましょう!

主な世界各国の日本大使館の場所と連絡先は

各国の日本大使館連絡先|TS CUBIC カード




② 必要書類を作成して提出

パスポートを紛失した人は 

紛失一般旅券等届出書  

を作成する必要があります。必要書類が大使館の窓口にあるのでそこで必要情報を記入します。   

必ず本人が記入しましょう!!

現地の警察から紛失証明書類を頂く必要がありますが、いきなり現地の警察に行き申請するのはレベルが高いですよね! 
日本大使館で相談してからも遅くありません。


紛失一般旅券等届出書 申請で必要なのは

  • パスポートを紛失を立証する書類(警察署で頂く必要がアリ)
  • 紛失一般旅券等届出書
  • 写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)
  • 本人確認できる物(免許書や保険書などの法的に身分証明できるもの)



③ パスポート新規発行申請 or 渡航書の発給

新たにパスポートを申請しますが注意したいのは再発行ではなく新規発行の形式に変更になりました。

  • 一般旅券発給申請書 10年用 or 5年用 1通
  • 戸籍謄本 or 抄本 1通
  • 写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 1葉

パスポートを新規発行するためには1週間ほどかかります

のでそこまで待てないと言う方がほとんどではないでしょうか?

渡航書の発給(日本に帰国するための書類)

渡航書とは平たくいえば仮のパスポートのことです、

日本に帰国するためだけの渡航文書です。

渡航書 必要な書類は

  • 渡航書発給申請書 1通
  • 戸籍謄本または日本国籍であることを証明できるもの(免許書など)
  • 写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 1葉
  • 旅行の日程などが確認できるもの

渡航書の発給手数料は 2500円

この手数料も海外保険から適用される場合があるので、申請するためのレシートなどを必ず持ち帰りましょう。

パスポートの紛失手続きに関わる全ての費用が適用される場合があるので、日本大使館までの交通費や手続きに掛かった日数分のホテル延泊費用もレシートも保管しておきましょう。

スポンサーリンク

金銭援助は一切なし!

海外でパスポート紛失やその他トラブルにあったりしても日本大使館は金銭援助は一切ないということを覚えておきましょう!
トラブルに巻き込まれないように十分に防犯対策や貴重品をしっかりと保管しておきましょう。

スポンサーリンク

パスポート紛失の予防方法

  1. パスポートのコピー2部用意して分けて保管しておく
  2. パスポート以外に身分証明できる(免許書や保険書を準備)
  3. 防犯対策の意識を高める(スリや盗難は日常であるという意識付け)
  4. その他補足として外務省の海外安全ページを見て渡航注意状況を確認 https://www.anzen.mofa.go.jp/

スポンサーリンク

まとめ

① 日本大使館へ

② 必要書類を作成して提出

③ パスポート新規発行申請 or 渡航書の発給

外務省の詳細を確認してください
海外でパスポートに関する申請手続きに通常必要な書類

日本国内及び海外でパスポートに関する申請手続きに通常必要な書類



コメント

タイトルとURLをコピーしました